賃貸物件を探し始める時期や契約について

1人暮らしを検討している方は、部屋探しを始める時期を迷われる事も多いです。
 

 

選択が広くなるのは、1月から4月です。また、じっくり探したい方は5月から7月が良いでしょう。

 

紹介物件数が多くなるのは、8月から10月です。新築物件を希望する方は、11月から12月が良いとされています。
まずは、住みたい賃貸物件の条件を決めていきましょう。理想とする賃貸物件の条件をはっきりと決めておきましょう。
決めるポイントは、立地や予算、間取り、設備、周辺環境などです。

 

賃貸物件の立地は、学校や職場への交通の便も検討しましょう。
まずは、インターネットの各不動産サイトから条件に合った物件を見つけます。
または、住みたい地域の不動産屋を訪問します。

 

その際は、効率的に物件を探してもらう為に営業さんと上手に付き合う事を心掛けましょう。
気に入った物件があった場合は、実際に見てみましょう。
その際は、部屋の内外と周辺環境も確認します。実際の物件を見て気に入った場合は、申し込みをして手付金を支払います。

 

契約までの流れは、申し込みをして手付金を支払った後で入居審査が始まります。
審査に通過したら、契約をおこないます。契約時には、住民票や印鑑、現金、身分証明が必要となります。
また、ご自身や保証人の収入証明や家財保険の証書か払込票が必要です。

 

入居物件に関する説明を受け、契約書や必要書類、契約金を受け取ったら契約が完了します。

 

毎月の家賃は、収入の3割までが理想と言われています。
賃貸契約後は毎月家賃支払いが必要になりますので、無理のない範囲に家賃を抑えましょう。

 

生活費や交際費などを圧迫する家賃負担は、ストレスがたまってしまいます。
固定費である家賃は、できるだけ安くし、無理がでないようにします。

賃貸物件の内見時のポイント

賃貸情報は、めまぐるしく日々変化します。空室だった物件も、翌日には決まっている事もよくあります。
しかし、気に入った物件や周辺環境を実際に見ないで申し込むのは危険です。
仕事が忙しい方や地方から上京して1日しか時間がない方は、1日で不動産会社を訪問し物件を見て決めるのは難しい場合もあります。

 

効率よく部屋を探すには、筆記用具やメモ帳、ノート、メジャーなどを持参しておきます。
また、実際に物件を見る際には物件情報やデジカメ、方位磁石があれば便利です。

 

物件情報の記載事項と照らし合わせて、チェックしていきます。
何件も物件を回る際は、デジカメの画像があると後で比較する際に便利です。

 

賃貸物件を実際チェックする際は、日当たりを必ず明るいうちに確認しておきます。
暗くなってからの物件チェックは、暗闇で部屋を見ることになります。

 

また、物件情報に南向き記載があっても、周辺に大きな建物があれば日当たりは悪くなります。
また周辺の建物環境を見ながら、方位磁石で実際の方位を確認し日当たりを予測しましょう。
物件の確認では、実際に窓を開けて周辺環境を確認します。

 

また、風の通りを確認する必要もあります。また実際に賃貸物件に住み始めてから騒音問題を気にする方も多いです。
その為、上下階や隣から聞こえる音については、隣の部屋に入れる場合は携帯を鳴らして確認しておきます。

 

またフローリングの床の傷や壁のシミやはがれなどは、しっかりと確認しておきましょう。
また発見した場合は、入居までに直してもらえるのかどうかについても併せて確認しておきます。

 

八王子で賃貸を探すならここがおすすめです。

更新履歴